湯西川温泉で囲炉裏を囲みながら食べる夕食が楽しめる旅館はココです

湯西川温泉に平家直孫の宿「本家 伴久」という温泉旅館があります。私は歴史に疎いので、平家について詳しくありませんが、歴史の古そうな旅館であることはまちがいなさそうです。まず、お出迎えがすごいですよ。「いらせられませ」の声とともに太鼓が鳴ります。ロビーに入ると江戸時代から時が止まったような世界が広がります。江戸初期創業の老舗旅館のお出迎えはちょっと雰囲気がちがいますね。初めての体験でした。

囲炉裏

さて、客室はすべて清流沿いに面しており、1部屋1部屋趣が異なります。銘木がお部屋にむき出しで出ているのも、なんともかっこいいです。お料理はランプが灯された囲炉裏処でいただきます。こちらの旅館は湯西川温泉での囲炉裏発祥の宿になっており、昔からこの囲炉裏を囲んだ夕食が提供されてきました。赤い炭火で新鮮な山川の幸を焼いて召し上がることができます。温泉は湯西川温泉発祥の湯とされ、源泉をかけ流しで使っています。魚の泳ぐ川に手が届きそうな川床露天風呂は珍しいタイプのお風呂。川と一体化したような湯船が特徴です。男女別の露天風呂、内風呂、3つの貸切露天風呂が完備されており、湯西川温泉のお湯を十分に満喫できます。朝食は自然食バイキング。とろろも用意されており、ごはんにかけて召し上がれば、あまり食欲がなくてもさらりとのどごしよく食べられますよ。お腹にもよさそうですしね。湯西川温泉いちおしの温泉旅館です。覚えておいてください。

ホテル・旅館の格安予約「宿らん」

最新投稿